会長は日本におけるISO導入の立役者

元・(財)日本品質保証機構(JQA)常務理事・ISO審査本部長。
1989年、日本で初めてISO9001の審査業務を開始。
「より組織経営に役立つISOを推進したい」という思いから、2002年に独立、株式会社ジェイ_ヴァックを立ち上げました。
審査登録機関の国際団体であるIQNetの副会長を務めた経歴もあり、英国品質協会の名誉特別会員に推挙されるなど、海外にも強いネットワークを持ちます。

≫私たちの考え方(会長メッセージ)

 

ISO規格作成委員会との強いパイプ

ISO9001/9004の規格作成委員会であるISO/TC176/SC2の議長ナイジェル・クロフト博士が、当社の非常勤取締役です。
当社の理念に共感し、設立当初から関わっています。
規格の最新情報の一早い入手、正確な解釈を実現させているのは、規格作成委員会との直接的、かつ強いつながりも理由の1つです。

 

J-VACの審査〜少数精鋭による柔軟で高い機動力

当社は、業界の中でもけっして大きな審査登録機関ではありません。
しかし、それゆえに規格解釈の一貫性、柔軟な審査、審査チームと事務局との連携が可能です。

◆規格の正確な解釈
◆文書・記録に関する必要最低限の指摘
◆プロセスが期待する成果(アウトプット)を重視
◆組織の規模・業態に即した審査
◆受審組織との円滑なコミュニケーション

≫J-VACの審査 詳細ページへ

 

J-VACのお客様〜幅広い業種のお客様からのご支持

当社のお客様の中で、最多業種は製造業ですが、サービス業の比率も高いのが特長です。
規格を精神から理解する当社の審査だからこそ、サービス業のお客様にも柔軟性のある審査を行ない、不必要な負担なくISOを運用していただけます。
また、お客様の転出率が少ないのも、当社の誇れる特長です。

≫お客様の声 詳細ページへ

 

J-VACの使命〜すべては「組織改善」のために

組織のマネジメントシステムが、認証取得のためだけに存在するのではなく、組織の経営に真に役立つものであるべきとし、その推進を当社の使命と考えています。
そのために当社では、正確な規格解釈に基づいた、無駄のない柔軟な審査を心がけ、また、審査を行なう審査員に対しても徹底した教育を実施しています。