【ISO14001】10 改善(2)

環境マネジメントシステムを常に改善しよう

(前回の続き)

原因究明と水平展開

有効な是正処置をとる上で特に重要なことは、不適合の原因を適切に特定することです。ここで重要なことは、原因を検討する際に一つの原因に安易に飛びつくのではなく、問題を多面的に考え、複数の原因を特定することです。

 

また、この原因究明と合わせて、問題にしているインシデントや不適合を狭く捉えるのではなく、「類似の不適合」の有無や発生の可能性を検討することが要求されています。これはいわゆる「水平展開」として知られていることですが、発生した不適合からより多くの教訓を得て、できるだけ幅広く改善を行う上で重要な考え方と言えるでしょう。

 

是正処置の必要性の評価

不適合の原因が特定され、類似の不適合の発生の可能性が評価されたら、それらの情報をもとに再発防止のために何らかの処置が必要かどうかを評価します。これは、すべての不適合に対して是正処置をしなければならないというわけではないことを意味しています。

 

10.2では「是正処置は、環境影響も含め、検出した不適合のもつ影響の著しさに応じたものでなければならない」と規定されているように、是正処置とはあくまでその不適合の再発に関連するリスクとの関係で考えるべきものです。そのリスクと、それに対してとる処置のコストのバランスを考慮し、場合によってはそのリスクを受け入れる、という判断もあり得ます。

 

是正処置の実施

是正処置の必要性の評価の結果、組織がその不適合に対する是正処置をとる必要があると決定したら、それを実施しなければなりません。ここで注意しなければならないのは、「修正」と「是正処置」との違いです。

 

「修正」とは、発生した不適合それ自体に対処することであり、いわゆる応急処置(暫定処置)であるのに対して、「是正処置」は、発生した不適合が再発しないためにその原因を取り除く、いわゆる恒久対策です。

 

従って、修正のみで是正処置が適切に実施されなければ、問題が繰り返し発生することを効果的に防ぐことができず、常に「もぐら叩き」をしている状態になってしまいます。そうならないために、適切に「原因を除去する」処置が実施されることが非常に重要であり、そのためにも問題発生の「真の原因」を掘り下げることが重要になります。

 

是正処置の有効性のレビュー

是正処置は、取りっぱなしではなく、その有効性をレビューしなければなりません。「有効性」とは、ISO14001:2015で以下のように定義されています。

「計画した活動を実行し、計画した結果を達成した程度」(3.4.6)

 

従って、「是正処置の有効性をレビューする」とは、是正処置が計画した通りに実行され、それにより計画した結果が達成されているか、を見ることです。是正処置の結果、当初計画した結果が達成されたか、ということは時間が経たないと評価できない場合が多いので、この有効性のレビューが忘れられないように、いつ、誰が、どのようにこの有効性の評価を実施するかを明確にすることが重要です。

是正処置の流れ

(以前の規格で求められていた「予防処置」については、以下の関連記事をご覧ください↓)

【ISO質問箱】(共通)「予防処置」はしなくていいの?

 

継続的改善とは?

最後の10.3では継続的改善を行うことが要求されています。「継続的改善」とは、以下のように定義されています。

「パフォーマンスを向上すために繰り返し行われる活動(3.4.5)

 

この定義を見ても分かるように、継続的改善とは、パフォーマンスを向上させるために「繰り返し行われる」活動です。「繰り返し行われる」活動であるためには、一過性の活動だったり単発的な活動だったりにしない必要があります。

 

上記の定義の注記1では、「パフォーマンスの向上は、組織の環境方針と整合して環境パフォーマンスを向上するために、環境マネジメントシステムを用いることに関連している」と言われていますが、ここからも分かるように、今まで見てきた様々な要素から成る環境マネジメントシステムを適切に運用することを通じて「継続的に」改善を行うことを意図しており、その意味でこの項目は、新たに何か具体的なことを要求した項目というよりも、環境マネジメントシステムを通じて継続的に環境パフォーマンスを改善しなさい、という一般的なことを規定した項目と考えることができるでしょう。

 

書籍:「ISO14001:2015 完全理解」

今回初めての大改定となったISO14001:2015。
その背景には、めまぐるしく変化する社会情勢や、
その影響が無視できないほど大きくなりつつある地球環境の変化があります。
本書では各要求事項をその意図を含めて解説することで、
用語にとらわれない、要求事項が組織に求める「本質」を明らかにしていきます。