緊急事態宣言の発出に伴う弊社の対応について

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が急速に拡大する中、皆様におかれましては事業のご継続においてご心配とご不安の多いことと存じます。
私どもといたしましても一刻も早い当感染症の終息を願っております。

昨日4月7日に日本政府から緊急事態宣言が発出され、より強い形で事態の終息に向けた取り組みの協力要請がされることとなりました。
弊社といたしましても、政府及び地方自治体の要請に従い、できる限りの対応を行う考えでおります。

弊社といたしましては、当宣言が出される以前からも、事務所への出勤者数の制限や審査員の感染対策の周知徹底、認証審査の延期対応などを行ってまいりましたが、今回の緊急事態宣言により、さらに以下の対応を行うことといたしましたので、ご連絡申し上げます。

弊社といたしましては、お客様をはじめ、認証活動に関わる全ての方々の健康と安全を最優先に考え、対処して参る所存でございます。
お客様におかれましては引き続きご不便をお掛けいたしますが、皆様のご理解とご協力を賜りたく、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

  1.  ISO認証審査について
    緊急事態宣言の期間、対象とされる東京都とこれに隣接する3県(神奈川県、埼玉県、千葉県)、大阪府、兵庫県及び福岡県に所在するお客様の審査は原則として延期のお願いをさせて頂きます。
    また、上記の7都府県に在住する審査員は原則として審査への参加を控えさせて頂きます。
    なお、これに伴い審査員の手配が出来ない場合におきましても、審査の延期をお願いする場合がございますことをご了承下さい。
  2. 登録証の有効期限について
    緊急事態宣言の期間内で予定されておりましたお客様の審査が更新審査であり、審査の延長によって登録証の有効期限までに審査の実施及びその判定が行えない場合、IAF(国際認定フォーラム)の参考文書(IAF ID3:2011)に則り、登録証の有効期限の6ヶ月間の延長を適用させて頂きます。
  3. 事務所業務について
    緊急事態宣言の期間、弊社事務所は閉鎖させて頂きます。
    ただし、認証業務は引き続きテレワークによる対応で継続させて頂いており、お客様の認証への影響はございませんのでご安心ください。
    電話での応対も可能ですが、電話応対者が限られておりますので、他の担当者への電話の取り次ぎができず、担当者からの折り返しのご連絡になりますことをご了承下さい。
    つきましては、可能な限りメールでのお問い合わせをお願い申し上げます。
  4. 登録証のご送付について
    事務所の閉鎖により登録証の作成及び発送業務ができない関係上、ご送付まで通常よりもお時間を頂きますことをご了承下さい。

 

株式会社ジェイ-ヴァック
代表取締役社長 森田浩三