2016年12月27日、山王テクノアーツ株式会社様がEN9100:2009認証を取得されました。

EN9100はISO9001をベースに航空宇宙産業界特有の要求事項(機能・性能及び安全性の確保等を目的としたプロジェクト管理、リスク管理、形態管理、キー特性・クリティカルアイテム管理、初回製品検査等)を加えて策定されたISO9001のセクター規格です。

取得の目的、審査への感想などを代表取締役社長 田中 祐 様にお伺いしました。

「弊社は以前より航空宇宙関連のビジネスに携わっていましたが、販路拡大のために9100シリーズの認証取得が急務と考えていました。
ISO9001、ISO27001の認証取得でJ-VAC様には従前よりお世話になっており、その審査ポリシーや理念に共感していましたので森田社長に相談したところ、J-VACでは直接認証をしていないが、オーストリアの審査機関であるQuality Austriaとのパートナーシップを活用することで可能であるとのこと。
弊社にとっても将来の海外展開を視野に入れたとき、JIS Q 9100として取得するよりもEN 9100のほうがより受け入れられやすいと考え、依頼することとしました。※

審査はオーストリア人の審査員によって行われましたが、通訳の方にも同席いただき、滞りなく進めることができました。
また、審査の中ではEN 9100:2016年版の改定点に関する情報も適宜紹介していただき、今後の弊社マネジメントシステムでレベルアップすべき点も明確になり、大変有意義なものであったと思います」

EN9100の取得が、山王テクノアーツ様の一層の飛躍を後押しすることを心より願っております。

J-VACではパートナー認証機関であるQuality AustriaによるEN9100認証サービスを提供しています。
問い合わせはこちらからどうぞ。

※AS/EN/JISはそれぞれ、米国/EU/日本と制定された国や地域の違いを表しますが、実質的には同等の認証とされています。

終始和やかだった審査を終え、握手する山王テクノアーツ株式会社 代表取締役社長 田中 祐 様(左)、Quality Austriaのジェラルド・ペルシュラー審査員(右)。

登録証授与の様子。右より山王テクノアーツ株式会社 代表取締役社長 田中 祐 様、株式会社ジェイ-ヴァック 代表取締役社長 森田 浩三。