お客様の声

理想へ向けてのあくなき改善

 

株式会社 オガミ様

尾上統括部長(左)、尾上工場長(右)

 

株式会社 オガミ様は、群馬県邑楽郡で樹脂成形加工品や射出成形金型を製造しておられます。先日、J-VACによる登録審査が終了し、ISO9001/ISO14001の認証を取得されました。
今回は、尾上工場長並びに尾上統括部長にISO認証取得にまつわるお話を伺いました。

 

 

ISO取得のきっかけは?

 

顧客からの要求があったことが一つのきっかけです。
また、以前ISO9001の2000年版を取得していましたが、規格の要求事項がよくわかっておらず、重たいシステムになっていました。
今回、ISO14001取得にあわせてISO9001のシステムを見直し、統合として取得することにしました。

 

 

システム構築での苦労は?

 

ISO14001では、理解度が中々上がらなかったことです。
特に法規制についての理解が難しく、とても苦労しました。
ただ、工場内の決め事として、しっかりと作業の中に落とし込むことにより、オペレーターの意識の向上につながったと思います。

 

 

J-VACの審査はいかがでしたか?

 

以前、他の審査機関で審査を受けていた際には「規格に対して当社のシステム」をチェックされていました。
たとえば、
「規格の7.4.1項に当てはまるのは御社のどの部分ですか?」
といったような感じでたずねられても、質問の意味がよくわからず、答えに窮する場面も多々ありました。
 
今回のJ-VACの審査では「規格に対して」ではなく、「当社のあるべき姿の中で」規格と照らし合わせて審査をしてもらうことができました。 審査員の方の質問も具体的で質問内容がわかりやすかったので、当社のISOに対する理解度が深まったと実感しています。
また、オペレーターに対する質問も仕事内容にマッチしたものだったので、各オペレーターのISOに対する意識も高まったのではないかと考えています。
今回の審査で、「わかる人だけやるシステム」ではなく「全員がわかるシステム」へと変化し、全員がシステムを共有できる仕組みに進むことができるようになったと思っています。

 

 

審査を通じて社内で変化した点はありますか?

 

一番の変化はマネジメントレビューだと思います。
今までは業務の実績のみの報告でしたが、今回の審査を通じてマネジメントレビューで各プロセスの監視ができるようになり、是正処置の内容が明確になることで、全体の流れが見えるようになりました。
また、以前はマニュアルに縛られて、ISOのために仕事をしていた部分がありましたが、プロセスを明確にすることで責任や権限の所在も明確になり、当社の「流れ」が見やすくなったことは大きな変化だと思います。

 

 

今後の展開、展望などをおきかせください

 

プロセスが明確になったので、各プロセスでの力量を評価し、必要な力量をさらに向上させることで改善につなげていきたいと考えています。
「理想にどのように近づけていくか?」ということを念頭において、改善を推し進めたいと考えています。

 

 

これからISOを取得される企業様への
アドバイスなどがあればお願いいたします

 

ISOのしくみを隅々までやりきることで、継続的改善が常に実施できると思います。
ISOは「あくなき改善」を教えてもらえるものであるとの認識で取り組まれるとよいかと思います。

 

 


 

お忙しい中、インタビューに応じていただき、ありがとうございました。

株式会社オガミ様 URL http://e-bcnet.com/ogami/