アジアテクニカルフォーラム設立のために
韓国審査登録機関KFQとの会議を開催





去る2011年4月28日、香港のパートナー審査機関であるHKQAA(Hong Kong Quality Assurance Agency)のCEO、マイケル・ラム博士と、弊社社長の森田允史とが、韓国審査登録機関KFQ(Korean Foundation for Quality)を訪問し、CEOであるキム・ジェリョン氏とアジアテクニカルフォーラム設立についての会議を行いました。

本フォーラムでは、各々の機関で行われている審査活動のテクニカルな情報を討議・共有したり、メンバー機関内で審査員を派遣する等の技術支援を行うことを目的としています。そのほか、国際的に活動しているエキスパートを招いたフォーラムを各国で開催したり、フォーラムの小冊子を作成するなどして、各々の機関の顧客に提供するなどの活動も視野に入れています。

会議ではまず、キム・ジャエリョン氏に対してマイケル・ラム博士と森田より本フォーラム設立の趣旨について説明があり、キム・ジェリョン氏から賛同を得たのち、活動開始の具体的な計画を2011年6月末までに作成することで合意しました。

(左から)リ・ビュンヨン博士(KFQ)、キム・ジェリョン氏(KFQ CEO)、森田允史(J-VAC社長)、マイケル・ラム博士(HKQAA CEO)

 

 

(左から)リ・ビュンヨン博士(KFQ)、森田允史(J-VAC社長)、ナム・デヒョン氏(KFQディレクター)、マイケル・ラム博士(HKQAA CEO)